添加物の危険性

安価で買い求めやすいドッグフードのなかには、原材料費を安く抑えるために、粗悪な肉原料であるミールやミート、パウダーやエキスを使用したもの、配合状態が明らかでない動物性油脂などを使用していることがあります。また、さらに問題となることは、これらの粗悪な肉をごまかすために大量の添加物が使用されているという点です。酸化防止剤や保存料、着色料などが主な添加物で、品質が低下することで犬の食いつきが悪くなることをカバーするために香料が使用されている場合もあります。

どれくらいの量をどのくらいの期間継続して摂取すると重篤な健康被害が及ぶのかということは明らかにされていませんが、長期間にわたって摂取し続けることによってがんや慢性疾患の原因になると指摘する獣医師も存在します。人間は、厳しい基準のもと監視され、安全な範囲内とされている添加物についても、表示を気にして、なるべくなら摂りたくないと他の商品を選ぶことがあります。犬についても同じように気を遣って、ドッグフードを選ぶべきではないでしょうか。体にどれほどの影響があるかわからないにしても、少しでも危険性が指摘されているものであれば避けて、健康被害を防ぎたいと考えるのがペットを心から愛する飼い主の務めであると言えます。

ヒューマングレードのドッグフード

犬に食べさせるドッグフードを選ぶポイントのひとつにヒューマングレードであるということをあげることができます。文字通り、人間の食べ物と同等の品質をもつ原料を使用したものを指します。大切なファミリーの一員である犬が皆と同じくおいしくて安全、安心な物を食べるのは、ごく当たり前のような気もしますが、実際にこれを守ってドッグフードをつくっているメーカーは、残念ながらそれほど多くはありません。なるべく安価で販売して売り上げを伸ばすための企業努力の一環として、死んだ動物や死にかけていた動物、病気や障害のある動物などの肉のことを意味する4Dミートと呼ばれるものを材料としてドッグフードをつくることもあるのです。

愛する犬に安全、安心なドッグフードを食べさせるためには、高品質の表示だけでなく、「人間が食べても大丈夫」など、ヒューマングレードのものであることを確認することが必要となるでしょう。また、ヒューマングレード同様に添加物の使用にも敏感になる必要があるのではないでしょうか。人間の食品でも、発がん性物質を含む添加物が使用されていた歴史があり、厳しく規制されるようになってからその安全性が維持されるようになっています。しかし、ドッグフードの業界ではそのような厳しい安全基準が定められていません。ドッグフードは一袋の量が多いのが一般的で、なかでも長期間常温で保存されることの多いドライフードには、比較的量の多い保存料や酸化防止剤などが使用されることもあるようです。

≪関連HP≫ヒューマングレードドッグフード通販:モグワン

犬には穀物不使用のものを

家族の一員としてなくてはならない存在である犬は、人間と違ってことばで訴えることができないため、その健康を守るためには、飼い主の細かな配慮が必要となります。いつまでも健康で長生きしてもらうためには、どのようなことをポイントとしてドッグフードを選べばいいのでしょうか。まず、基本的な知識として、与えてはいけない食品をきちんと理解しておく必要があります。肉食動物である犬にとって、中毒症状を引き起こしてしまう長ネギやタマネギ、チョコレートやレーズンなどを与えるべきでないことは比較的よく知られています。しかし、穀物を含んでいるドッグフードも与えるべきでないということについては知らない方もいます。市販されているドッグフードにも穀物が含まれていることが多いため、抵抗を感じることなく購入する方が少なくないのです。

もともと肉食動物である犬には、野菜や穀物を消化する酵素を分泌することができないため、栄養分として分解することができないのはもちろんのこと、消化器官に大きな負担をかけることとなり、アレルギーや体調不良を引き起こす原因となってしまうこともあるのです。ホームセンターなどで、まとめ買いできるような安い価格で販売されているドッグフードのなかには、量を増やしたり、カロリーを確保したりするためにトウモロコシや小麦粉などを主原料としたものもみられます。有名なメーカーであるからといって過信することなく、穀物不使用、グレインフリーなどと表示されているドッグフードを選ぶことも大切なポイントとなります。