犬には穀物不使用のものを

家族の一員としてなくてはならない存在である犬は、人間と違ってことばで訴えることができないため、その健康を守るためには、飼い主の細かな配慮が必要となります。いつまでも健康で長生きしてもらうためには、どのようなことをポイントとしてドッグフードを選べばいいのでしょうか。まず、基本的な知識として、与えてはいけない食品をきちんと理解しておく必要があります。肉食動物である犬にとって、中毒症状を引き起こしてしまう長ネギやタマネギ、チョコレートやレーズンなどを与えるべきでないことは比較的よく知られています。しかし、穀物を含んでいるドッグフードも与えるべきでないということについては知らない方もいます。市販されているドッグフードにも穀物が含まれていることが多いため、抵抗を感じることなく購入する方が少なくないのです。

もともと肉食動物である犬には、野菜や穀物を消化する酵素を分泌することができないため、栄養分として分解することができないのはもちろんのこと、消化器官に大きな負担をかけることとなり、アレルギーや体調不良を引き起こす原因となってしまうこともあるのです。ホームセンターなどで、まとめ買いできるような安い価格で販売されているドッグフードのなかには、量を増やしたり、カロリーを確保したりするためにトウモロコシや小麦粉などを主原料としたものもみられます。有名なメーカーであるからといって過信することなく、穀物不使用、グレインフリーなどと表示されているドッグフードを選ぶことも大切なポイントとなります。