添加物の危険性

安価で買い求めやすいドッグフードのなかには、原材料費を安く抑えるために、粗悪な肉原料であるミールやミート、パウダーやエキスを使用したもの、配合状態が明らかでない動物性油脂などを使用していることがあります。また、さらに問題となることは、これらの粗悪な肉をごまかすために大量の添加物が使用されているという点です。酸化防止剤や保存料、着色料などが主な添加物で、品質が低下することで犬の食いつきが悪くなることをカバーするために香料が使用されている場合もあります。

どれくらいの量をどのくらいの期間継続して摂取すると重篤な健康被害が及ぶのかということは明らかにされていませんが、長期間にわたって摂取し続けることによってがんや慢性疾患の原因になると指摘する獣医師も存在します。人間は、厳しい基準のもと監視され、安全な範囲内とされている添加物についても、表示を気にして、なるべくなら摂りたくないと他の商品を選ぶことがあります。犬についても同じように気を遣って、ドッグフードを選ぶべきではないでしょうか。体にどれほどの影響があるかわからないにしても、少しでも危険性が指摘されているものであれば避けて、健康被害を防ぎたいと考えるのがペットを心から愛する飼い主の務めであると言えます。